C型肝炎の治療

院内処方と院外処方

院外処方と院内処方を比較。

月曜日・・・肝臓科ではないんだけど、肝臓科のドクターのお薦めで循環器科にも行ってます。

肝臓科が院内処方になったら、こちらも院内処方にしてくださいました。
それで、両方を比較してみました。

院内処方(2009年4月:8週分)
再診療 70点
薬剤費 451点
合計5210円、自己負担分は1560円

院外処方(2008年3月:8週分)
病院で
再診療 70点
処方箋代 68点
1380円の3割負担で410円

調剤薬局で
調剤技術料 1190円
薬学管理料  220円
薬剤料    3920円
合計5330円の3割負担で1600円

病院と薬局の合計で自己負担分が2010円

結局、同じ薬を8週分もらうのに 院内処方は5210円、院外処方だと6710円。

この薬は薬局ではシートのまま渡される・・・調剤なんてしてるの? と、言いたくなる。
病院では1錠ずつ袋に入れてくれてます。

なお、もともと安い薬で、年度で2年違いますが、薬価はほとんど変わっていないようです

病院の薬剤費にも調剤技術料とかが含まれているはず・・・600円ぐらい。
病院で600円で、なぜ薬局で1190円+220円=1410円?

肝臓科は、薬の値段が高いので、差はもっと大きくなります。。。

まあ、いらない薬を患者にたくさん渡して利益を得ようとする病院なんかがあったし、同じ薬を複数の医療機関でもらうことも多々あったから、医薬分業にしたんだけど・・・。
院外処方というのも、医療費の無駄遣いのような・・・。

なぜ院内処方にしてもらったのか、・・・。

肝臓科でもらってるのは、肝臓の薬ではなくて降圧剤。
2006年4月~2007年3月のインターフェロン治療中少し血圧が高くなっていました。
治療終了後の2007年夏、近所のゴタゴタに巻き込まれて、更に高くなりました。

それで治療中はブロプレスを1日0.5錠。
2007年夏からは、カルブロックこちらも0.5錠追加。
2剤を1日1回各0.5錠ずつ飲んでます。

治療中はインターフェロンとレベトールが別の医療機関になってしまうので、高額医療費の都合で院内処方にしていただいてました。
治療終了後は院外処方に・・・。
終了6か月後の結果を聞く2007年10月までは毎月受診。
この間は毎月少しずつ薬をもらうわけで、院外処方でも良かったんだけど、2007年10月の次は2008年1月で薬は3か月分。

すると、近所の薬局のご主人は
『3カ月に1回ではうちの取り分がない。悪いけど、自分で割って・・・』
と機嫌が悪い・・・。
友人に薬剤師は何人もいるのだけど、薬剤師なんて信頼できない・・・と・・・。

ブロプレス・・・小さくい錠剤で、割りにくいです。ちょうど半分に割れん勝った場合・・・薬の量が違うことになります。
2008年4月の受診時にドクターにそういうと、院内処方にしてくださいました。 病院は機械で半分に割って、一回分(一日分)ずつ袋に入れてくれます。

Continue reading "院内処方と院外処方"

| | Comments (23) | TrackBack (0)

ルテインで視力回復

近所に住む友人、ふくよかな体格。
5年ぐらい前に健診で脂肪肝を指摘され、通院して検査していました。

ALT,が100~150.。
そのころ、私はC型肝炎で通院していて、ALTが80ぐらい。
脂肪肝でも、上がるものですね。

ところで、その友人、知っている人が
『だまされたと思って、これを飲んでみて』
という、ということで、ルテインというサプリを飲み始めました。

結果:検査するたびにALT・ASTは下がって、10か月ぐらいで20~30に・・・。
『体が軽くなった』
と喜んでいました。

Continue reading "ルテインで視力回復"

| | Comments (36) | TrackBack (0)

検査はクリアー

12日の検査は、生化学スクリーニング、自己免疫性疾患検査、蛋白分析&末梢血検査。

血小板以外は基準値内でした。

リウマチ因子(定量) 16.5IU/ml(2007.8は15.5IU/ml 基準値19IU/ml以下)

抗シトルリンペプチド抗体 0.6U/ml(初回検査 基準値4.5U/ml未満)

血清アミロイドA(SAA) 2.2μg/ml(初回検査:基準値8.0μg/ml以下)

C反応性タンパク(CRP) 0 (初回検査:基準値0.3mg/dl)

血沈60分 6 (前回検査:2 基準値0~15)

他はいつもの末梢血検査 

| | Comments (33) | TrackBack (0)

マイクロフィルムがありました

昨日、血友病の人以外に血液製剤を投与した可能性のある約1800の医療機関を公表。

私が現在お世話になっている病院は、1月に公表されたリストのAにもBにも該当。

しかし、その前に行っていた病院はAには入っていたけれど、Bには入ってなかった。
(Aはフィブリノゲン、Bはクリスマシンなど第9因子製剤を血友病以外の人に投与した可能性がある病院らしい)

今回の発表では、リストに入ってました。
おまけで、ときどき行った実家の近くの公立病院も入ってました(笑)。

Continue reading "マイクロフィルムがありました"

| | Comments (13) | TrackBack (0)

ダイエットできちゃった2

2006年6月、PEGイントロン」+レベトールで治療中に、
エコーで肝臓の辺りの脂肪が発覚。

2桁に下がっていたALT(GPT)も再び3桁に・・・。
それで、ドクターから、ダイエット命令。

体重が多いとインターフェロンもあまり効かないし、ALT(GPT)も高くなる。

ウィルス検査(アンプリコア定性)もしていたのですが、たぶんダメ・・・と思いました。

翌週、検査結果が出てました。

アンプリコア定性で『ケンシュツセズ』

早期に陰性化したことになります。

ウィルスは消えてのに、ALT(GPT)とAST(GOT)は高くなってるなんて、どういうこと?

教授に
『これぐらい、(ALTが)ウィルスで高いのか、脂肪で高いのか分からない』
と、言われたことがありました。

ホントに脂肪のせいだった。本気でダイエットしないと・・・と、ここでやっと自覚しました(笑)。。。

自覚したら、あとは徹底的に実行してしまう性格。
体重の変化

  • 上の子(当時高1)出産前までは40~42キロ。
  • 上の子出産後は42~43キロ
  • 下の子出産後は、45キロぐらいまでしか戻らなかった
  • その後、1年に1キロぐらいずつ、体重が増えていった。
  • 年に1キロでも10年たてば10キロ増える。50キロを越えたあたりから病院で注意されてました。

1年に一キロ増える原因も自分で分かってました。

コーヒーや紅茶にお砂糖とクリームをたっぷり入れる・・・のが主な原因。

これをやめてみることにしました。

効果は・・・(デジタル計で)53.キロ台(6月)→52キロ(7月)→50キロ(8月)・・・でした。

治療終了の2007年3月が44キロ台、現在、44キロ~45キロ(BMIが19台)です。

単に飲み物を替えただけです・・・。

◇◇◇◇◇

近くで買えないものを探してみませんか?

| | Comments (14) | TrackBack (2)

ダイエットできちゃった1

2006年4月~2007年3月に、C型肝炎でインターフェロン治療をしました。

治療開始前の3月まで肝臓庇護薬の治験に参加。
治験終了時の3月の体重は56.1キロでした。

この頃、全く体重は気にしてなかったので、
インターフェロンを始めるとき、特に体重は測りませんでした。
インターフェロンを始めて、最初の1回だけ発熱。

5月に教授に『太っちゃダメだよ。インターフェロンの効きが悪いからね』
と、言われました。
6月に、アンプリコア定性検査でも陰性化(定量の陰性化は4週目)

しかし、エコーをとると・・・
『これが肝臓です、こちらが腎臓。肝臓のほうが白っぽいでしょう。脂肪ですよ』
ということで、主治医から減量命令・・・。
教授にも言われてたので、観念してダイエットすることに・・・。

体重を計ってみると53.5キロ。
インターフェロンで2.5キロ減・・・少しは体重が減っている程度。

ドクターは
『大丈夫ですよ。ほとんどの方は1割ぐらいは体重が減ります、』
と、いうのだけど・・・。

ともかく、体重を量って、毎週報告することになりました。 (続きは次に書きます)

| | Comments (0) | TrackBack (4)

証明可能?

17日朝刊に入っていた政府広報・・・

1と2の9項目のうち5項目に該当。(1のフィブリノゲンを使った可能性が高い・・・5項目中3項目、2の血液凝固因子製剤を使った可能性が高い・・・4項目中2項目:1と2は一部重複してるから・・・)

フィブリノゲンであれ、なんであれ、ともかく、凝固因子製剤を使っている、ようです。

しかし、前に行ってた病院は、カルテ廃棄。

ナントカ、証明してみる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

C型肝炎の原因

私の場合、C型肝炎の原因はどちらでしょう?

思い当たることが、2回。
発覚の時期からいうと1990年・・・のような気がするのですが・・・。

*長女出産時(1990年)、逆子がどうしてもなおらなくて、帝王切開。

下の子出産時に聞いたんだけど、このときはかなり厳しい妊娠中毒症だったということ。それで、次回は無理かもしれないので、安全策・・・でカイザーということになったようです。

その約半年後、毎日、朝起きるとき、遠足から帰ったときぐらい疲れてました。
それで変に思って、受診するとGPTが200ぐらい。
ウィルス検査(この頃のウィルス検査は、抗体検査)でC型肝炎が発覚。

出産時の出血量は550ミリリットル:多量、と母子手帳に書いてあります。
厚生労働省のC型肝炎ウィルス検査の呼びかけHP
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2004/12/h1209-1/index.html

の病院コメントには、出血量400ミリリットルで輸血、1000ミリリットルでフィブリノゲンを使う方針・・・というものもあります。これは病院によって違うのでしょう。550ミリリットルでも輸血は受けてません。

Continue reading "C型肝炎の原因"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生命保険に入れるかも…?

2006年4月~2007年3月の、インターフェロン治療で、C型肝炎は治りました。

すぐにはダメでも、何年か経てば、生命保険の見直しができるようになるかも・・・。

そう考えてmルンルンしてます。

しかし、C型肝炎発覚の半年ほど前に(1990年)、ニッセイの担当者に薦められて、見直してました。

コンバージョンで、
『養老保険500万円+定期保険1000万円、30年満期』→『3000万円の終身保険(定期保険なし)』
予定利率は上から2番目に高いぐらい・・・これで、何を見直すのか・・・と(笑)。

でも、医療保険なんかもあるし、見てみたいです♪

C型肝炎だったら、一部の『はいれます』なんて保険は別として、加入はできません。。。

今まではこんなのばかり見積もりしてました↓(笑)

自動車保険一括見積もりのインズウェブ

【無料】自動車保険比較見積り!プレゼントキャンペーン実施中!

自動車保険15社無料一括見積もり依頼

自動車保険無料見積りでWiiプレゼント!

ネット割引最大7,000円【チューリッヒの自動車保険】

2008 タカシマヤのバレンタインデー

| | Comments (0) | TrackBack (2)

C型肝炎

昨日、コメントくださった方は、ご家族が輸血による肝炎だということ・・・。
輸血による肝炎でも血液製剤による肝炎でも同じ・・・だと思う.。

報道を見ていて驚いたのは、薬害肝炎の人…パワフルに人を恨んでますね。どうしてあれだけ人を憎むことができるのか・・・なんて考えてしまいました。
しかも『C型肝炎の人なんて、みんな死んじゃえば良い・・・と思ってるんでしょう・・・などと…。

何か、この方たち、肝炎のドクターに恵まれていないんじゃないですか・・・?

いえネ、政府関係者にはこういう考えがあると思いますよ
『インターフェロンで、ウィルスが消えて、治ったら、何も言わなくなるんじゃないか?』

死んでしまえば良い・・・というのは悪意に考えすぎじゃないですか?
第一、C型肝炎というのは、死ぬのに普通40年以上かかる(笑)

このサイトを見た方はみんなこう言います。「気が付けば痩せていた・・・」

| | Comments (0) | TrackBack (0)